調査測量

調査測量について

道路をつくったり、宅地を開発したりする際には、土地の測量が必須なのは知られています。そのための調査測量を主に対応しておりますが、個人の生活においても、家の建て替え時や相続のとき、トラブルを防ぐためにも測量が必要となる場面もあります。
九重測量では、公共工事のための測量から、個人のための測量まで幅広く対応しております。ぜひご相談ください。

測量業務

土地境界確定測量

隣人との境界線の確認するための測量を行います。
これから土地の売り買いをするとき、家を建てるとき、土地の境界をしっかり確認していくことがトラブル防止につながります。

官民境界の確認

建築計画や開発等で道路や水路との境界を明確にしたい場合、売買契約で買主に境界確定を求められた場合、相続で土地を分割・物納をする場合など、官民境界の確認が必要になります。そのために測量が必要です。

相続など自分の所有財産の確認

親などがなくなって相続するとき、相続税を申告する際には相続財産評価が大切になります。
土地は原則として路線価が基準になりますが、土地の形状などにより評価額が大幅に変わることがあります。そのため、きちんと現況測量・用地測量を行い、適正な相続財産評価をする必要があります。

土木設計の為の現況測量

道路などをつくるときの土木設計には、現況がどうなっているか知ることが大切です。そのための測量です。

土地・建物の登記

登記が間違っていると、財産が少なくなってしまうことにもなりかねません。土地建物の登記は、測量の専門家にお任せください。

自治会・町内会の地縁団体の手続き

平成3年、地区会などの地縁団体にも法人格が与えられ、地区会の名義で不動産登記が可能になりました。
しかし法人格を取得できるのは、一定要件に該当し市長の認可が必要です。そのための手続きも行います。